1年間総額100万円でインドネシア語留学

Satu Tahun Belajar Bahasa Indonesia

バンドゥンでのインドネシア語留学の情報についてご共有します。

Di sini kami menyajikan informasi mengenai belajar Bahasa Indonesia di Bandung.

1237155_576821195696797_2130221495_n

そもそもインドネシアのどこでインドネシア語留学できる?

外国人向けのインドネシア語留学ができる大学は無数にあります。その中でも、特に有名で、毎年日本人が通っているような大学には以下のような大学があります。

  • インドネシア大学(UI)、デポック(Depok)
  • パジャジャラン大学(UNPAD)、バンドゥン(Bandung)
  • インドネシア教育大学(UPI)、バンドゥン(Bandung)
  • ガジャマダ大学(UGM)、ジョグジャカルタ(Yogyakarta)
  • ウダヤナ大学(UNUD)、デンパサール(Denpasar)

インドネシア大学やガジャマダ大学は、バンドン工科大学と並び、インドネシアの最高学府の一つとして名高い大学です。

ただ、大学によるインドネシア語の授業の質自体にはそう大きな差はないようですので、気に入った都市・街で留学をされるのが良いと思います。(現在、バンドゥンポータルでは、バンドゥンの大学に様々なプレッシャーをかけ、教育の質の改善を促すべく、邁進しております・・・!)

インドネシア大学のあるデポックは首都ジャカルタの近く(1時間ほど)、パジャジャラン大学とインドネシア教育大学のあるバンドゥンは首都ジャカルタのやや近く(3時間ほど)でクリエイティブな学園都市、ガジャマダ大学のあるジョグジャカルタは伝統的な遺跡と王宮のある小さな街、ウダヤナ大学のあるデンパサールは誰もが知る有名リゾートのバリ島、といった感じです。

もちろん、授業料や授業時間数、授業の開始可能時期などには若干の違いがあるので、こちらも要確認です。

また、日本人の人数も重要な要素かもしれません。インドネシア大学は、ジャカルタから近いこともあり、日系企業の駐在員やその奥さまも含め、50人ほどの日本人が常時いらっしゃるようです。日本人が多ければその分暮らしやすい一方で、日本語を使う機会も増えるのでローカルでのネットワークが広がらないかもしれません。

学園都市バンドゥン(バンドン)でインドネシア語留学

バンドゥンには、20以上の大学、そして無数の専門学校があります。そのため、日本人だけではなく、中国人、韓国人、オーストラリア人、そしてベトナムやカンボジア、タイといった他の東南アジアの国々、ウズベキスタンやトルクメニスタンといった中央アジアの国々、あるいは中東やアフリカの国々からもたくさんの留学生が来ています。こういったこともあり、インドネシア語を学ぶことのできる学校も数多くあります。

その中でも、有名な外国人向けのインドネシア語のコースの一つには、インドネシアの著名な国立大学の1つであるパジャジャラン大学(UNPAD)に併設されている語学センター内にある、外国人向けのインドネシア語コースがあります。

1237979_576821682363415_507593345_n

えっ!1年間総額100万円でインドネシア語留学!?

そうなんです!

例えば、このパジャジャラン大学では、総額100万円ほどでインドネシア語留学ができてしまうのです。

留学というと、非常に高い額を想像しがちですが、往復航空券、生活費、学費など全部込みで大体100万円前後で十分です(為替レートに関しましては最新のものをご確認ください)。

ここでは、上記にあるインドネシアの著名な国立大学の1つであるパジャジャラン大学(UNPAD)で勉強する場合について紹介させていただきます。

・大学とVISAに関する費用は1年間で総額約25万円:

授業料は半年で1千万ルピア(約10万円)、1年間で2千万ルピア(約20万円)、大学の事務手数料は1年間で4百万ルピア(約4万円)、VISA費用は1年間で1万2千円です。

・生活費は1年間で大体25~60万円:

1ヶ月の生活費は、もちろん生活のレベルによりますが、一般的には家賃や食費などをすべて含めて、2~5百万ルピア(約2~5万円)です。 ※家賃は1ヶ月あたり1~2万円で、KOSTと呼ばれる下宿(ホットシャワー、Wi-Fi、洗濯&アイロンサービス付き!)のキレイな個室に住むことが可能です。食事も屋台で1食100円程度、小ぎれいなレストランで300~500円程度です。また、食事つきでインドネシア人の家にホームステイすることなども可能で、大体1ヶ月あたり2万~3万円ほどです。

・往復の航空券は4~10万円:

時期や経路などにもよりますが、ANA、JAL、ガルーダといった航空会社でジャカルタ-東京が大体8~10万円、Air Asiaなどの格安航空会社を使うと往復で4万~5万円程度です。

・その他、保険(海外旅行保険)に入られる場合は10~15万円

このため、

1年間に渡るインドネシア語の留学生活を、
切り詰めれば60万円ほど、一般的には100万円ほどで

実施することができます(授業の開始時期は8月初旬または2月初旬からです。1~3週間程度遅れて開始されても特に問題ありません。)

わずか100万円でインドネシア語を勉強し、スキルを磨きながら、バンドゥンで生活を営んでみる・・・いかがでしょう?

ぜひいらしてください!