バンドゥン(バンドン)への行き方

概説

日本からバンドゥンへは直行便がないので、ジャカルタ、バリ島(デンパサール)、シンガポール、クアラルンプールあるいは他の都市を経由して行く必要があります。

・ジャカルタからバンドゥン(バンドン)

==>バスや鉄道もありますが、TRAVELというシャトルバスが便利です(下に詳細あり)

・バリ島(デンパサール)、シンガポール、クアラルンプールからバンドゥン(バンドン)

==>バンドゥンには国際空港があり、インドネシア内外の都市からの直行便が毎日数便あります。

なお、航空券のチェック、購入はSkyscanner(スカイスキャナ―)というサイトがオススメです!LCC(格安航空会社)含む、世界中の航空会社相手に、オンラインで見積もりが取れます!つまり、その場で最安値の航空券をチェックし、空席を確認し、その場でWebサイトから購入できるのです!

・その他、インドネシアの主要都市からバンドゥン(バンドン)

==>バスや鉄道などもありますが、飛行機が便利で速いです。

旅行でしたら、鉄道の旅も情緒があって良いのですが、予約などが面倒臭いので、時間に余裕がない限りは、上記Skyscanner(スカイスキャナ―)というサイトで予約ができるので、飛行機が便利です。スラバヤやジョグジャカルタなどのジャワ島内の都市でも、大概飛行機の方が便利です。

 

ジャカルタからバンドゥン(バンドン)への行き方 詳細

ジャカルタ-バンドゥンは約150㎞。現在は、鉄道か車(バスなど)で概ね3時間です。

 
公共交通手段は大きく3種類あります。鉄道、バス、TRAVELというシャトルバスです。オススメは、快適さ、アクセスの良さから断然TRAVELです。
私もそうですし、インドネシア人の友人たちも、普段はTRAVELを利用して、ジャカルタ-バンドゥンを往復しております。
以下に、簡単な比較と、TRAVELの利用方法を示します。

△鉄道(景色は良いですが、不便です・・・)

高速鉄道です。高速とはいえ、日本の特急や新幹線のように速くはないので、150km程度の距離ですが、3時間ほどかかります。

・所要時間:約3時間(時間通りのことが多いですが、日本のように時間を確実に守るわけではありません)

・料金:120,000Rp程度(エグゼクティブクラス、2015年03月)

・長所:時間を予測可能です。また、景色が良いです。

・短所:バンドゥン駅(Stasiun Bandung)およびジャカルタのガンビル駅(Stasiun Gambir)で発着するのですが、いずれも多くの人が活動するエリアから離れており、大変不便です。結局、これらの駅まで、または駅からの移動はタクシーなどを使うことになるので、時間とお金が余分にかかります。また、事前予約が必要となりますので、この点も大変面倒です(遅くとも前日までには予約した方が良いです。週末や連休の場合は数日前から予約をしないと取れないことも多いです)。

 

×バス(バスターミナルへのアクセスが不便で、オススメできません)

いわゆる50人程度乗れる大型バスです。

・所要時間:約3時間~ ※道路の混雑次第

・料金:80,000Rp程度(2015年03月)

・長所:予約が不要です。

・短所:鉄道以上に不便です。ジャカルタでも、バンドゥンでも、大型のバスターミナルは郊外にあるため、移動が大変です。特にバンドゥンの場合は、バスターミナル(Terminal Leuwi Panjang)からの移動が、ローカルの乗り合いバスAngkotか、タクシーに限られるため、特に夜間などは、結局タクシーにボラれて100,000Rpほど取られるようなこともあります。

 

◎TRAVEL(快適!便利!イチオシ!)

 

約10人乗りのシャトルバスです。TRAVELは「トラヴェル」または「トラフェル」と読みます。

・所要時間:約3時間~ ※道路の混雑次第 (逆に早朝・夜間などは2時間程度です)

・料金:100,000~160,000Rp程度 ※行き先とTRAVEL会社次第(2015年03月)

・長所:乗り場が、街の中心部の至る所にあるので、大変便利です。
また、TRAVELの内部は、かなり快適な座席と空調環境にあり、安らかに休むことができ、この点も快適です!有意義な仮眠の時間となっています。

・短所:バスターミナルや駅のようにわかりやすいところに乗り場があるわけではありませんので、慣れないと見つけることが困難です。スーパーやショッピングモール、ホテル、ガソリンスタンドに併設されている場合が多いです(以下の詳細で場所を事前に調べておけば問題はありません)。また、特に週末は予約必須ですのでご注意ください。

詳しくは、以下のTRAVEL会社のWebサイトなどを直接調べていただけると幸いです。

ikikata1
TRAVEL(シャトルバス)の一例

ジャカルターバンドゥン(バンドン)間のTRAVEL会社の例

 

Citi Trans (シティトランス)

(運転は荒いが速い、座席は最上級)

 

Xtrans (エクストランス)

(可もなく、不可もなく)

 

Cipa Ganti (チパガンティ)

(年々、サービスが悪化)

 

Day Trans (デイトランス)
(年々、サービスが悪化)

 

この他にも新規参入のTRAVEL会社も無数にありますが、上記の会社を使えば、通常困ることはありません。

いずれも、ジャカルタの中心部から、バンドゥンの中心部まで出ております。チケットを購入する際には、「ジャカルタまで」「バンドゥンまで」といった形では不十分です。つまり、「ジャカルタのスマンギまで」「バンドゥンのチハンプラスまで」というように、詳細が求められますので、事前に地図などでご確認ください(いくつか具体例を後述させていただきます)。

行き先は、TRAVELの会社だけではなく、乗り場によって違います。この辺が、地名に慣れていない人には難しい所以です。

大体の乗り場で、片言の英語が通じますので、コミュニケーションの点は問題ないと思います。また、電話やインターネットで予約が可能な会社もあります。できれば現地のインドネシア人か、詳しい日本人に教えてもらうのが良いかと思います。

ikikata2
ジャカルタの有名のショッピングモールSenayan City(スナヤンシティ)

TRAVELの利用例

 

私も、よく日帰りで、バンドゥンからジャカルタまで行きます。

バンドゥン内の移動は大した問題はありませんが、ジャカルタは大抵道路が大混雑しているのため、無駄のないように、ジャカルタ内の具体的な行き先に応じて、TRAVEL会社・乗り場を使い分けています。

いくつか具体例をご紹介します。

・ジャカルタのスマンギ(Semanggi)バンドゥン(バンドン)のディパティウクール(Dipati Ukur)

Citi Trans (シティトランス)を利用します。165,000Rpです(2015年03月)。

JETROやJapan Foundationなども入っていて、多くの日本人が働いているビルが立ち並ぶジャカルタのメインストリートであるSスディルマン通り(Jalan Sudirman)のすぐ裏手にあるGrandlucky Superstoreの横から出発します。

※私はこのCiti Transが好きです。家の近所に乗り場があること、座席がとても快適なこと、そして何より速いからです。かつて、上記の経路で2時間を切ったことがあり、大変驚きました。また、ジャカルタのGrandlucky Superstoreは各国の食材が何でも揃うスーパーマーケットなので、帰り際に買い物ができて便利、というのもあります。ただし、運転は非常に荒いです。以前、高速道路でトラックに追突したCiti TransのTRAVELを見たことがありますし、前に割り込んできたタクシーに対して、車を降りて文句を言いに行ったCiti Transのドライバーを見たこともあります。リスクが高いのかもしれません・・・。

 

・ジャカルタのスナヤンシティ(Senayan City)-バンドゥン(バンドン)のディパティウクール(Dipati Ukur)

Day Trans (デイトランス) を利用します。125,000Rpです(2013年09月)。

大型のショッピングモールのスナヤンシティの入り口に乗降場があるので、待ち合わせなどに大変便利です。また、スナヤンシティの前後に、JKT48シアターなどのあるFX Plazaにも寄るので、そこでも乗降可能です。

 

・ジャカルタの日本人街ブロックエム(BLOK M)バンドゥン(バンドン)のチハンプラス(Cihampelas)

Xtrans (エクストランス)を利用します。95,000Rpです(2015年03月)。

ブロックエムはリトルトーキョーとも呼ばれている場所です。日本食スーパーや日本食レストランも多く、よくこの周辺で日本人の集まりもあります。

 

・ジャカルタのスカルノハッタ国際空港バンドゥン(バンドン)のチハンプラス(Cihampelas)

Xtrans (エクストランス)を利用します。140,000Rpです(2015年03月)。

ジャカルタのスカルノハッタ国際空港の各ターミナルにTRAVELの受付カウンターがあります。若干、わかりにくいですが、「TRAVELでバンドゥンまで行きたい!」と聞けば、すぐにわかります。ただし、「バスでバンドゥンまで行きたい!」とは決して言わないでください。インドネシアではバスとTRAVELは別の乗り物です。バスというのは、前述の街の郊外のバスターミナルに止まる非常に不便な大型のバスを指します。ここでは、シャトルバスのことはTRAVELと言います。

ちなみにジャカルタのスカルノハッタ国際空港とバンドゥンを結ぶTRAVELには、Xtrans (エクストランス)Cipa Ganti (チパガンティ)Citi Trans (シティトランス)などがあります。他にも、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港を歩いていると、アヤシイTRAVELの会社から声をかけられることがありますが、値段が異常に高いので、お気を付け下さい。上記3つのうち、どれかがオススメです。

 

ikikata3

 

バンドゥンからの移動例になってしまいますが、バンドゥンを午前5時頃に出れば、ジャカルタの市街地には午前8時より前には着きます。夜もジャカルタの市街地を午後8時ごろに出れば、バンドゥンに午後11時ごろには着きます。道路が混雑している日中だと、片道4~5時間、ひどい時には6時間以上かかる場合もありますが、朝晩でしたら快適です。快適に利用できて、往復で2,500~3,000円ほどなので、とても有用です。

なお、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港は、ジャカルタ市街地よりもやや離れていることに加え、街の中心部を通るため、余分に1~2時間かかることもあります。早ければバンドゥンまで3時間半ぐらいで着きますが、今までで一番長かったときは7時間ほどかかったこともあります。

このように混雑のために、時間が読めないこともありますが、TRAVELはバンドゥンとジャカルタの距離感を縮めている、素晴らしい交通手段です。

 

 

以上、バンドゥンへの行き方でした。