バンドゥン(バンドン)のお土産

そもそもインドネシアのお土産といえば・・・?

日本とインドネシアでは、気候や文化などが大きく違います。そのため、インドネシアの商店で一般的に売られているものは、日本人にとっては目新しいものばかりです。

ですので、インドネシアのお土産であれば、以下のようなものがパッと思い浮かびます。

・インドネシア風チリソース:サンバル(Sambal)

・インドネシアの代表的インスタントヌードル:インドミー(Indomie)

・インドネシアの伝統的生地:バティック(Batik)

 

935946_580482468664003_1760931827_n

もちろん、他にも日本になくて、インドネシアにあるものは山ほどあるので、お土産の候補はいくらでも見つかると思います。

 

ではバンドゥン(バンドン)ならではのお土産といえば・・・?

バンドゥンももちろんインドネシアですので、上記で書いたようなジャカルタなど他の都市で手に入るものは全て手に入ります。そういった中で、バンドゥンのオリジナルのお土産としてどういったものがあるのか以下に例を挙げてみます。

・オシャレでリーズナブルなバンドゥンTシャツ

・リーズナブルな価格のジーンズ

・スンダ地方の伝統的なお菓子

・その他、バンドゥン名物のスイーツ
45965_580482625330654_1745258873_n
11500_580482368664013_914863493_n
1011557_580482281997355_1512797427_n
1236558_580482155330701_1483075018_n

などなど、様々なものがあります。

特にTシャツは個人的にはとてもお勧めです!バンドゥンは繊維産業で盛んな街のため、アウトレットも多く、またデザイナーもたくさんいます。特に、Tシャツに関しては非常にリーズナブルで、色やデザインにもよりますが、1枚当たり200~500円程度で購入することができます。オシャレなバンドゥンTシャツを試してみてはいかがでしょうか?

バンドゥン(バンドン)のお土産を手に入れる場所

街中の至る所で手に入りますが、代表的な場所は下記の通りです。

*バンドゥン(バンドン)のお土産入手場所*

・チハンプラス通り(Jalan Cihampelas)

ジーンズ通りとも呼ばれる通りです。バンドゥン中心部にあり、多くのセレクトショップが立ち並びます。また、バンドゥン界隈のスンダ地方の伝統的なお菓子などを売っているお店も多く、お土産選びには最適な場所です。

・パサール・バル(Pasar Baru)

バンドゥン最大のローカルデパートです。インドネシア語、できればスンダ語ができないとちょっと足を運ぶのは難しいところですが、上記のチハンプラスで売られている商品の多くはこの界隈で仕入れられていることが多いので、より原価に近い価格で購入することができます。バンドゥンのおばちゃんたちのパワーを感じることができる熱いデパートです。

・アマンダ(Amanda)

ブラウニーで有名なお店です。インドネシアにしては珍しく、甘過ぎない適度な味の美味しいブラウニーを購入できます。しかも値段はリーズナブルで10人分ぐらいの特大サイズが30,000ルピア程度です。ジャカルタ在住の方々が大量に購入して帰るのをよく見ます。

・カルティカ・サリ(Kartika Sari)

アマンダ(Amanda)と並び、有名なスイーツのお店です。アマンダ(Amanda)に比べ、若干値段は高いですが、種類も多く、様々なスイーツを楽しむことができます。
602916_580482818663968_1232049082_n

 

 

以上、まだまだ書き足りないのですが、バンドゥンには魅力的なものがたくさんあります。ぜひいろいろ探してみてください!