インドネシア語留学~インドネシア教育大学(UPI)、年4回入学可能!~

Belajar Bahasa Indonesia di UPI

インドネシアのクリエイティブな学園都市として名高いバンドゥンにある、著名国立インドネシア教育大学(Universitas Pendidikan Indonesia)、通称UPI(ウピ)における外国人向けインドネシア語コース(BIPA)の紹介です。

Universitas Pendidikan Indonesia (UPI) terletak di Bandung, kota yang dikenal sebagai kota pelajar dan kota kreatif.  Di sini kita memperkenalkan satu program UPI, yaitu BIPA, yang memberikan pelajaran Bahasa Indonesia untuk orang asing.

1456495_620337084678541_1057737982_n

インドネシア教育大学(UPI)とは?

パジャジャラン大学(UNPAD)と並び、言わずと知れた、インドネシアの代表的な国立大学の1つです。パジャジャラン大学と比べると日本人への知名度は若干下がりますが、大学の教育の質では近年はむしろ高いぐらいかもしれません。インドネシア教育大学は、その名の通り、教育に携わる人を育てる大学としての機能も果たしており、中学校や高校などの学校の教員として活躍する卒業生も多いです。インドネシア教育大学にも日本語学科があり、約400人ほどの優秀な学生が学んでいますが、最終学年になると、高校に教育実習へ行くことが必須であることなど、教育に携わる人を育てることに重点を置いたカリキュラムが組まれていることが特徴です。現在、インドネシアの多くの大学では、日本の青年海外協力隊や国際交流基金(Japan Foundation)からの日本語教師の派遣を受け入れておりませんが、このインドネシア教育大学には国際交流基金から2名の日本人が派遣されています。こういったことからも、必然的に教育レベルが上がることがわかります。また、日本語教育に関してはインドネシアの大学の中では、パジャジャラン大学(1963年~)に続き、2番目の1965年に始まりました。パジャジャラン大学とは異なり、高校などにおける日本語教師養成が大きな目的だったようです。このため、インドネシア教育大学も、歴史的に日本とのつながりが大変強い大学の一つと言えます。
1459309_609399702438946_534716916_n
インドネシア教育大学の正門です。
1506908_620336968011886_2003634485_n
学長のいる白い建物が見えます。

授業開始時期:1月、4月、7月、9月

インドネシアの大学では、通常毎年2つのセメスターがあり、8月が大学の入学時期です。このため、8月と2月がセメスターの始まりになることが一般的です。

しかし、インドネシア教育大学の言語センターでは独自のスケジュールを持っており、授業の開始自体は、1月、4月、7月、9月の4回です。また、いずれのタイミングから授業を開始しても問題ありません。いずれも約2ヶ月半~3ヶ月間のコースです。

授業期間:最短は約2ヶ月半~3ヶ月間

授業期間ですが、各セメスター約2ヶ月半~3ヶ月間で構成されています。

ですので、最短で学ぶ場合は約2ヵ月半~3ヶ月間となります。通常は、1~2年間学ぶ人が多いです。

インドネシア語学習の合間を縫って、ジャカルタあるいはスラバヤなどで現地採用の仕事を探す時間もありますし、学んだインドネシア語を駆使してインドネシアの他の都市、他の島などを巡りながら肌でインドネシアと触れ合う事も可能です。あるいは、バンドゥンにある他の英語学校やスンダ語のコースに通い、さらなる自己研鑽に努めることも可能です。

最近の各セメスターの日程の例です。

2013年01月28日~04月15日:授業
2013年04月22日~07月08日:授業
2013年07月15日~09月30日:授業
2013年09月16日~12月02日:授業
2013年12月03日~2014年01月07日:長期休み

2014年01月08日~04月15日:授業
2014年04月22日~07月08日:授業
2014年07月15日~09月30日:授業
2014年09月15日~11月16日:授業
2014年11月17日~2015年01月上旬:長期休み

授業時間:週2回、1回2時間

授業時間は、毎週2回で1回2時間です。

クラスによって異なりますが、月曜日から金曜日の午前09時00分~午前11時00分か午後13時00分~午後15時00分までのいずれかです。

ですので、かなり時間が自由に取れるので、インドネシア語の自習や他の様々な活動に携わることも可能です。特に語学の習得には、受け身での授業だけでは不十分で、必ず自習、単語の暗記などの時間を取ることが必要ですので、全く余裕がない環境では、語学習得は困難と言えます。

授業料:年間約23~27万円

レベルによって授業料が変化します(2014年版)。

Pre Elementary(初級1):50時間、4,500,000ルピア(約4万5千円)
Elementary(初級2):50時間、4,500,000ルピア(約4万5千円)
Pre Intermediate(中級1):50時間、4,500,000ルピア(約4万5千円)
Intermediate(中級2):50時間、4,500,000ルピア(約4万5千円)
Upper Intermediate(中級3):50時間、4,500,000ルピア(約4万5千円)
Pre Advanced(上級1):60時間、6,500,000ルピア(約6万5千円)
Advanced(上級2):60時間、6,500,000ルピア(約6万5千円)

この他に、VISA関連の手数料(1年間):3,500,000ルピア(約3万5千円)、登録料(1年間):150,000ルピア(約1千5百円)、クラス分けテスト:100,000ルピア(約1千円)が必要です。

さらにVISAの費用に、1万2千円が必要です。

1年間(4セメスター)学習する場合は、約23~27万円かかります。

※為替レートは最新のものをご確認ください

教員、授業内容、クラス分け、課外実習

インドネシア教育大学の外国人向けインドネシア語コースでは、インドネシア教育大学言語文化教育学部の教員が指導に当たります。インドネシア語学科だけではなく、英語学科の教員も指導に当たります。

基本的には、授業は全てインドネシア語で実施されます。最初は、先生の指示や文法の説明などは単語が分からずに苦戦することが多いですが、2週間もたてば、慣れてしまうのが不思議です。

クラス分けに関しては、セメスターごとにクラス分け(プレースメント)テストがあります。概ね、1セメスターが終わると、自然と次のレベルのクラスに上がることが普通ですが、成績次第では飛び級などをすることも可能です。この他、各セメスターごとに、課外実習や伝統文化の体験学習プログラムなどもあります。

MITRAプログラム

インドネシア教育大学のインドネシア語コースの特徴として、MITRAプログラムというものがあります。

MITRAプログラムでは、インドネシア語コースの上級者やインドネシア教育大学のインドネシア人学生が、初級者にインドネシア語を教えるというものです。試験の成績が悪かった場合、授業に出席できなかった場合などに、こういったプログラムを利用することでインドネシア語の補習が可能です。インドネシア人や他の国からの留学生と積極的に交流するチャンスも生まれますし、逆に自分自身が初級者に教えることで、よりインドネシア語への理解が深まります。

インドネシア語のコースの雰囲気ってどんな感じ?

許可を頂き、ある日の授業内の様子を撮影させていただきました。

1478990_620337011345215_1047619032_n
インドネシア教育大学の中にある言語センターです。
1499669_620339314678318_477804952_n
言語センターの内部に、インドネシア語コースもあります。
1524791_620337141345202_693897871_n
授業の様子です。
1483013_620337154678534_1167814003_n
別のクラスです。試験中です。
1459066_620339601344956_1773573433_n
こちらは初級クラスです。
1505290_620337354678514_1661503849_n
教科書です。
1466020_620337388011844_638054011_n
絵が多く、またカラーなのでわかりやすいです。
休憩所では、水やコーヒーを飲めるようになっています。
1501778_620337448011838_2139320967_n
休み時間になると徐々に人が増えてきます。
1476249_620337484678501_275105376_n
先生もやってきました。
1467432_620337541345162_1654514820_n
東アジア、東南アジア、アフリカ、ヨーロッパと多国籍です。
1486807_620337574678492_1676959458_n
授業が終わると、途端に騒がしくなります。
1525248_620337658011817_961300899_n
この方が言語センター長のVidiさん。まだ30代前半で若く、勢いがあります!

様々なイベント

またインドネシア教育大学のインドネシア語コースでは、様々なイベントが開催されています。

1240410_651538478225068_1541550521_n
各国からの留学生が料理を作って持ち寄るイベントです。
1655930_651538901558359_1446574345_n
ベトナムの料理!
1932194_651538814891701_970134961_n
ラオスとケニアの料理!
1898274_651538841558365_766528190_n
日本からも!
1899998_651538934891689_1221286733_n
インドネシア語を使ってコミュニケーションします。

様々な国から来た学生たちと、インドネシア語を通じてコミュニケーションをするというのは、何とも面白いものです。

インドネシア教育大学のインドネシア語コースでは、学生同士の交流が盛んになるように、そして楽しくインドネシア語を学ぶことができるように、学内外で様々な活動が用意されています。

申し込み方法

申し込みに関しましては、直接センター長のVidiさん(Vidi_owenあっとまーくyahooどっとcom)まで、英語またはインドネシア語でメールを送付してください。

VISAの手配に時間を要しますので、3ヶ月ほど前にはご連絡していただいた方が安全です。

申し込み英文メールの例(コピペしてご利用ください)

------------
タイトル:
Apply for Regular Indonesian Language (BIPA) Program at UPI

本文:
Dear Mr. Vidi Sukmayadi,

I’m 名前 from Japan. I saw the information about Indonesian Language Program (BIPA) at UPI on Bandung Portal Site. I’m really interested in the program, so could you give me the detail information?

Regards.

------------

もし申し込みに関して不安などありましたら、代行も可能ですので、コチラからご連絡ください。