インドネシアでカビの対策・除去方法

Mengatasi Jamur Tembok

インドネシアには雨季と乾季があり、特に雨季になるとカビがたくさん生えてきます。日本とインドネシアではカビの対策の仕方、除去の仕方は基本的には同じですが、ここでは簡単に紹介します。

Indonesia memiliki musim penghujan dan kemarau, dan ada saatnya jamur tembok banyak bermunculan terutama di musim penghujan. Sebenarnya cara mengatasi jamur di Indonesia umumnya sama dengan di Jepang, tapi kami menjelaskan dengan mudah di artikel ini.

インドネシアでカビ対策~換気!ベンチレーション!~

カビが発生するための条件は、適度な湿度、適度な温度、そして適度な栄養源があること、だそうです。日本とインドネシアで特に違うと感じる点は、インドネシアの一軒家や下宿は、通気性が悪いところが多いことです。特にトイレや水浴び場などは、窓もない密室なのに換気扇もない、というような所がよくあります。そのため、カビの温床地帯となってしまいやすいです。ですので、何はともあれ換気が大切です。対策は以下の通りです。

  • なるべくドアを開け、換気を心がける
  • 換気扇を頻繁に回す
  • 換気扇がない場合は扇風機を設置し、頻繁に回す

対策は換気、これにつきます。特に雨季の日中で、晴れている場合は、極力換気をするように心がけると、かなり家の環境が変わってきます。ただし、カビがたくさん生えている状態で扇風機などを回すと、カビの胞子が飛び散るので除去してからにしましょう。

もちろん、シャワーや水浴びの後で、石鹸やシャンプーが付いた箇所を水できちんと流すなど、カビに栄養を与えないことも大切です。

 

インドネシアでのカビの除去方法~漂白剤!~

カビの除去はやはり、漂白剤。日本ならカビキラーであったり、ブリーチやキッチンハイターといったおなじみのものがありますが、インドネシアだったらこれです、BAYCLIN!コンビニやスーパーなど、割とどこでも見かける代表的な漂白剤です。

20150409_Jamur01

 インドネシアでよく売られている漂白剤BAYCLIN

20150409_Jamur02

BAYCLIN詳細(日本のブリーチなどと同じです)

20150409_Jamur03

BAYCLINを4~5倍程度に薄めてスプレー容器へ(提供:バンドゥン-ジャパンハウス

20150409_Jamur04

 誤って使用しないように「毒」と表記(提供:バンドゥン-ジャパンハウス

カビが生えている箇所に、4~5倍程度に薄めたBAYCLINをシュッと一吹きすれば、1分程度でカビがスーッと消えてしまいます。スプレーをあらかじめ用意しておけば、カビを見つけたらすぐにシュッとできるのでオススメです。

以上、インドネシアでのカビ対策と除去方法でした。